すき間が空いている状態

上の前歯や上下の前歯の間にすき間があいている状態です。あごに比べて全ての歯、もしくは一部の歯が小さかったり、永久歯の数が足りないなどが原因です。すき間を閉じるのは容易ですが、再発しやすいため治療後に何らかの後戻り防止の対策が必要です。






永久歯の生えるすき間が足りない

乳歯の時にキレイに並んでいると、永久歯が生えてきてビックリすることになります。歯が並ぶすき間が全然足りないので、生え変わりがすすむほどデコボコになるからです。そのような時には上下の歯並びを拡げて、永久歯の生えるすき間をつくります。できれば永久歯が生える前にすき間をつくってあげたほうが良いのですが、ある程度は悪くなってしまっても治療が可能です。
あまり症状が重くなってしまうと治療が大変になります。治療が終わってしまっても、永久歯の生え変わりが残っている間は、念のため経過を観察させてください。







歯並びやかみ合わせの不正は様々な症状を示しますが、主に以下のような症状が治療の対象になります。
いくつかの症状を併せもつ場合もあります。





































岡山県岡山市北区蕃山町1-25

岡山県岡山市北区蕃山町1-25










© SmileAid All rights reserved