芸能人は・・・歯並び…が命!?
子供の矯正&大人の矯正 TOP



●成人してからも治療することは十分可能!

 
 
│ある患者からの相談です。

患者

 
Doctor
 
  
患者
 

「…お話は良くわかりました。私も主人も娘の歯並びは気にしていますし、
そのように治療をお願いできないでしょうか。…(モジモジしながら)あの…、それと…」

   
「なにかご要望でもありますか。これから長いお付き合いになるのですから、
なんでも気にせず言ってください。」
  
「…(遠慮がちに)私も娘と一緒に治療してもらうことは、できますでしょうか?」

“矯正治療は子供のときにするもの”
岡山で矯正歯科治療をするようになって、そう思い込んでいる方が多いことに驚きました。

なにしろその前に新宿で診療をしているときには、1日に来院する患者が全員大人(!)
なんてことも珍しくありませんでしたから。
 
もちろん、治療には最も適した時期があります。それはその時期にすれば、治療期間が短くて済む、治療の効果が高い、骨格的な改善が可能でお顔の形態を整えることができる、などの理由です。
 
しかし、成人してからも治療をすることは十分に可能です。
 
子供の時期の治療は、その方針の主眼を、
“全体をできるだけ良くする” とか、 “歯を抜かないで可能な限り治療する”
などに置きます。
 
そして体の成長に合わせて、顔と口もとの形態を正常に完成させ、
良い歯並びで正しくかむことができるようにします。

しかし成人の治療では考え方を柔軟にしなければなりません。
治療するときに考慮しなければならないことが、子供とは少し違うからです。


しかし、成人してからも治療をすることは十分に可能です。
 
子供の時期の治療は、その方針の主眼を、
“全体をできるだけ良くする”とか、
“歯を抜かないで可能な限り治療する”
などに置きます。


そして体の成長に合わせて、顔と口もとの形態を正常に完成させ、 良い歯並びで正しくかむことができるようにします。

しかし成人の治療では考え方を柔軟にしなければなりません。治療するときに考慮しなければならないことが、子供とは少し違うからです。


例えば、
『気になるところのみを優先する』
『美容的な目的を満足させる』
『治療効果を高めるために抜歯も検討する』
『完璧を求めずにできるだけ治療期間を短かくする』
『装置を目立たせない』


など、矯正治療の専門医からみて決して100点満点ではなくても、患者のニーズを必要十分に満足させる治療方針が大切になってきます。

「私はもう20代後半だし、いい年をしてと思われるかもしれないし、あきらめようかなと何度も思ったのだけれど、やっぱりこの口のままでいるのは嫌なんです。」

年齢を気になさる必要はありません。

最先端の歯列矯正は子供だけのものではないのです。子供のころに治療する機会がなかったけれど、実は今でもずっとコンプレックスに思っている、そんな大人の方も積極的に治療をされています。


20代の患者の症例 (前歯の隙間)
<治療前> <治療中> <治療後>
治療前 治療中 治療後
 
40代の患者の症例 (デコボコの歯並び)
<治療前> <治療中> <治療後>
治療前 治療中 治療後

 

 

てらかど矯正歯科 岡山県岡山市北区蕃山町1-25 TEL:086-801-2772
Copyright (C) 2005 www.smileaid.com All Rights Reserved