矯正歯科の費用
治療の前に知っておこう TOP


◆矯正歯科治療の費用
ほとんどの患者の歯列矯正治療費には健康保険が適用されません。
カウンセリングの時点で概算の治 療費の予告があること、検査後には総額の治療費の提示があること、治療が長期化しても追加の請求 がないこと、分割の支払いに応じることなど、費用の請求に不安を感じない医院を選択することが重要です。
 
一部の医院では問い合わせの時点で、定額の治療費を知らせる場合がありますが、症状が多岐 にわたり、また年齢によっても治療方針が異なってくるにも関わらず、診察もしないで治療費が決定されるのには多少の疑問を感じます。
◆ではいったいいくらかかるの?
矯正歯科治療は基本的に保険診療が認められていません。永久歯全体の治療を受けた場合の治療費の総額は、健康番組や医療情報誌などによると80万円から120万円くらいだとされています。ずいぶん幅があるように感じるでしょうが、治療費が決められていないため地域や医療機関により料金が異な ります。大切なことは全部でいくらくらいかかるのか分からないまま治療を開始しないことです。事前に治療費をきちんと明示してもらい、納得できる医療機関で治療を開始してください。ほとんどの医院で分割による支払いが可能です。  
◆矯正歯科専門医院での料金システム
ほとんどの専門医院で以下のどちらかのシステムが採用されています。
 
A:検査
診断料金+基本治療費+処置料金(×通院回数)=総額
※基本治療費とは、いわゆる治療費のこと、装置料などとも呼ばれます。
 
基本料金は症状や年齢により違ったりします。基本治療費が同じでも通院回数により総額の費用が異なりますので、早く終わればその分安く、長くかかればその分高くなります。
 
例えば)
検査診断料金5万円+基本治療費70万円+処置料金3千円×4年間で30回の通院=総額84万円

 
 
B:検査
診断料金+治療費=総額 通常、治療費はAの基本治療費より高く設定されます。
通院回数に関係なく、治療開始とともに総額が 決まります。
 
例えば)
検査・診断料金5万円+治療費90万円=総額95万円

◆ご存知でしたか?
ほとんどの方の矯正歯科治療には健康保険がききませんが、特定の病気*のために歯並びが悪くなって しまった方と、あごの手術を併用して顔の変形を治す外科的矯正歯科治療を受ける方は保険の対象とな ります。


*厚生労働大臣が定めた疾患(唇顎口蓋裂、第一・第二鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon症候群、Treacher-Collins症候群、Pierre Robin症候群、Down症候群、
Russell−Silver症候群、Turner症候群、Beckwith-Wiedemann症候群、尖頭合指症)の患者


また18歳までの方の治療費と交通費は医療費控除をうけることができます。18歳以上の方も、美容が 目的でなければ診断書の提出を条件に控除が認められる場合があります。領収書は大切に保管しておいてください。医療費控除は所得控除の状況により適用されない場合もありますので、詳しくは税務署にご確認ください。


◆治療価格の格差について
早期治療/予防矯正治療費(幼稚園児から小学校高学年児が対象となります)の設定がある医院では、症状 により基本治療費が上記金額よりも安価になることがあります。ただし、結果的に本格矯正が必要になった場合にはその差額が請求されます。


例えば)
早期治療費40万円、本格治療費70万円の医院では、 早期治療のみで治療が終われば40万円で済みますが、早期治療の後に本格治療も必要になった場合、差額の30万円が追加請求されます。
◆矯正歯科治療費の価格帯
自費治療はその医療機関の責任者が自由に価格を設定してよいため、不透明感がつきまといます。場合によっては倍ほども差があることもあり、その治療費が適正かどうかは相場から判断するのも一つ の手段となります。
 
例えば)
永久歯の矯正治療をうけたとき(治療期間2年、通院期間4年)の治療費は、総額で
国立大学歯学部付属病院
(全国ほぼ同じ料金です)
80〜100万円
私立大学付属病院
(東京歯科大学水道橋病院/東京都千代田区)
90〜100万円
東京
(費用が高い地域)の矯正専門医院
100〜120万円
札幌
(費用が安い地域)の矯正専門医院
50〜60万円
アメリカの矯正専門医院 3000〜10000USD

 
岡山県内の矯正歯科専門医院での本格矯正治療費(小学校高学年以上の患者が対象で、全ての永久歯の 治療です)は、同じ患者を治療したとしておよそ
検査料金1〜8万円 基本治療費50〜120万円 処置料3000〜5000円の範囲と思われます。

 
早期治療/予防矯正治療費(幼稚園児から小学校高学年児が対象となります)の設定がある医院では、症状 により基本治療費が上記金額よりも安価になることがあります。ただし、結果的に本格矯正が必要になった場合にはその差額が請求されます。
 
例えば)
早期治療費40万円、本格治療費70万円の医院では、 早期治療のみで治療が終われば40万円で済みますが、早期治療の後に本格治療も必要になった場合、差額の30万円が追加請求されます。

 
治療費はその土地の地価や物価、専門医の数による競合、歯科医師の費用対効果に対する考え、患者層の選択(大衆を対象にするか、お金持ちを対象にして差別化をはかるか)などにより変化するようです。
 

てらかど矯正歯科 岡山県岡山市北区蕃山町1-25 TEL:086-801-2772
Copyright (C) 2005 www.smileaid.com All Rights Reserved